新宿区高田馬場の動物病院なら『辻記念動物病院』

診療案内

  • HOME »
  • 診療案内

あなたのペットをやさしく守る

■対象動物

当院では、犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、モルモット、小鳥の診療を主に行っています。

■動物の医療は人の医療と技術的には似ていますが、基本的な違いがあります。
shinryo2
  1. 人の医療は救命が最優先ですが、動物の医療はそれに加え飼い主さんの考えを優先し動物のクォリティオブライフ(動物の生活生命を改善し守る)を中心に進めます。そのため、動物の医療はインフォームドコンセント・インフォ-ムドチョイス(説明し了解を得て診療内容を飼い主さんが選ぶ)を中心に進めます。当院は、こうした診療に向け最大限の努力を払っております。
  2. 動物は言葉を持たず、病気になっても「いつ」「どこが」「どのように」と言った事を伝えられません。ですから「いつもと少しの違いにも気付き」ペットに代わって獣医師に伝えることが飼い主さんの役目です。

一方、獣医師はどんな小さなことでも聞き漏らさず、ペットの病状や経過を考えながら次ぎ次ぎと細かく聞き取ります。更に、望診・視診・触診・打診・聴診を絶対的な基本に据え、どんな小さな変化も見逃がさず診断に役立てます。このようにして、飼い主と獣医師が共にペットに向き合い診療を進める最初の一歩が始まりす。(これは動物に言葉がないからです)

■問診票をチェックしましょう
shinryo3

こうしたことから、あなたのペットに代わって大切な情報を獣医師に伝えるため是非とも「問診票」をプリントアウトし心当たりの点に「チェック」の「レ点」をお入れください。そして、来院時にご持参くださることが診察を進める上で大いに役立ちます。

問診票のページはこちら

Copyright © 辻記念動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.