新宿区高田馬場の動物病院なら『辻記念動物病院』

食欲

食欲

  • 食欲は健康のバロメータです。食べないことに、何か心当はありますか?普通、犬では与えれば直ぐ食べ終わりますが、猫は直ぐに食べない子もあり、置き餌が中心です。
  • 他に、食餌を急に変えた?嗜好性のエスカレート?
  • 食餌を変える時は徐々に。
  • 嗜好性のエスカレートは我慢比べですが、同時に他の原因も考えましょう。
  • 熱を計ってみましょう。体温計を後足の内股に挟みます。犬猫の体温は38.5度前後が平熱ですが、少し低めに出ます。普段からその子の体温を知っておきましょう。
  • <元気>の項でストレスの原因に触れましたが、食欲不振や下痢おう吐なども同じようにストレスでも発病します。
  • 急に食欲がなくなるケースは、先ず消化器系の病気が考えられます。歯を含めた腔食道・胃腸や膵臓・肝臓などの病気を疑います。他に、中毒や異物を食べてないかなどを疑い心当たりを考えください。
  • 徐々に食欲がなくなるケースでは、慢性の病気の他、細菌やウイルスの感染、寄生虫の感染など、多くの病気が考えられます。
  • 細菌やウイルスの感染では、感染源と感染ルート(犬は犬、猫は猫同士の接触)を考えましょう。原因究明にとても必要な情報です。
  • 寄生虫の感染では、ほとんどが下痢を伴います。今は、検便と投薬でほぼ治ります。
  • どの種類のペットにも平均体重があります。発育期(動物種にもよりますが、10ヵ月から12ヵ月で大人になります)を過ぎて平均体重より多い場合は、運動などで消費されるカロリーより食事が多く肥満と言えます。犬猫用の主食がダイエット食になっている処方食があります。その量を守れば必ず平均体重に戻ります。
  • 食欲がなく、おう吐や下痢が伴った場合は体力の消耗が激しいので直に対応してください。この場合は、吐いた物と便を持参しましょう。
PAGETOP
Copyright © 辻記念動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.